秋葉原にあるアートコレクションハウスOfficial Gallery エピキュート スタッフの日々のつれづれ…


by epicute
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
帝都、巴里、紐育をそれぞれ描き下ろしていただいた今年の最新作、
隊長も入れてみんなで…という我々スタッフからのリクエストも汲んで描いてくださったとっても素敵な3作品。


やはり描くにあたっては様々ご苦労もあったようです。
b0137477_00300174.jpeg

皆描くなら同じ大きさで、そして各ゲームのオープニングのイメージで…が当初のコンセプトだったそうなのですが。

これがやってみたら上手くいかず。

サジータはバイクで登場だけど、それを描いたらサジータの絵みたいになっちゃうし…
キャラによって私服だったり戦闘服だったりするし…
カンナはわんこそば食べてるけどそれでいいのかとか…笑

みんなが何かしてくれてればいいんだけど、これがまたそうでもないという…。

なるほど。。
オープニングを実際見直してみたらこれをまとめるのは難しいとなったようで。

「難しかった…。」と。
東京でのトークショーの質問コーナーでも、お客様から「今まで描いた絵で苦労した絵ははどれですか?」との問いに
「苦労しなかった絵は一枚もないです!」と答えられていた松原先生。

今回も試行錯誤していただいた様子がありありと…
オープニングそのままの絵柄ではないものの、三都のイメージにまさにぴったりの仕上がりに106.png

作品を実際ご覧いただいた皆様には重々伝わったことと思います!

また、今回皆同じ大きさで描いてあげたい
ということで、帝都の作品については少し大きいサイズになったわけなのですが、
構図についても
「“キャラクターは眼だ”と思っているので、引きの構図にはしたくなかった」んだとか。

いつものことながら、皆表情豊かに描かれているわけですよ。
愛に溢れていますよね110.png 感動!

お客様からのご質問には

髪が黒いキャラクターは塗り重ねていく分工程が多いから、大変だったかな…

と、描く上での技術的な部分に触れる一幕もありました。

そしてこれまで発表してきた版画作品も80作品を超え、もし次に描くとしたら…

なんてお話もチラリと。

今回も興味深いお話をたくさん聞くことができ、大満足のトークショーとなりました!

そして続いてサイン会。
サイン会の終了後には…もはや恒例となっている色紙じゃんけん大会が!

b0137477_00325349.jpeg

漂う緊張感 笑
b0137477_00334609.jpeg

b0137477_00342304.jpeg

そして勝者は…


なんと、今日成人式が終わってから着物を脱いで急いで駆けつけてくれたという、
トークショー会場へも一番最後にたどり着いた
ハタチのお客様でした!

頑張って来ていただいてよかった!素晴らしい記念になったのでは106.png

色紙のリクエストはレニ

b0137477_00391803.jpeg

おめでとうございます!!


書きたいことが山ほどあって報告記事が遅くなりましたが、大阪会場にお越し下さった皆様、
ありがとうございました!!

101.png101.png106.png179.png





[PR]
# by epicute | 2018-01-14 00:04 | サクラ大戦
始まりました松原先生トークショー
b0137477_23235691.jpeg

まずは昨年訪れたというスペインそしてアメリカでのお話から。

ご存知の方も多いかと思いますが昨年松原先生作画監督をつとめられた映画「この世界の片隅に」が日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞に輝きました。

東京でのトークショーでも触れられていましたが、さらにはフランスアヌシー国際映画祭2017で審査員賞も受賞され、いよいよ米アカデミー賞の長編アニメーション部門にエントリーされているのです!
まずはノミネート作品に選ばれるのか!?というドキドキも語って下さいました。
レッドカーペットを歩く松原先生…
見たい! ぜひそのお姿を見たいですね!!

アメリカでは8月11日に全米公開となりましたが、先駆けること1週間前に特別公開があり、併せて日本のアニメーションのコンベンションイベントが開催されるということで訪米されたそうです。
印象に残ったのはアメリカに着いて直ぐに訪れたスミソニアン航空宇宙博物館…の別館。
こちらのメインに展示されていたのはまさしく広島に原爆を落としたB29の同型機。。

映画の題材がその時の広島を扱ったものであったため、なんとも言いようのないお気持ちになったとお話がありました。
アメリカの人達にこの作品がどのように受け取られるのか…。
そして賞の行方は…!今後も注目ですね!!

2016年11月に公開された作品は当初68館での上映でしたが、なんと来月から全国のイオン90館でも上映されるとのこと。まだ観ていないという方はぜひこの機会に!
さらになんと、

「興行的に売れると思ってなかった作品がここまでになって、当初お金がなさすぎて削らざるを得なかった20分が作れるようになったので…
今作ってます!」

ということで、完成したらまた観られる機会があるでしょう とも!
既に観たよという方も、これは楽しみですね!!

そしていよいよ次の話題は今年の新作3作品へ

ここからは東京のトークショーでもされていなかったお話が。

③に続く106.png



[PR]
# by epicute | 2018-01-13 23:22 | サクラ大戦
遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します101.png

昨年末からの、サクラ大戦アートフェスティバルツアー続いております。
こちらは先週の大阪会場の様子。

b0137477_14253264.jpeg

オープン直後の会場の様子。
b0137477_14255911.jpeg

b0137477_14261633.jpeg
あいにくのお天気でしたが、大阪もたくさんのお客様にご来場いただきました。

2日目の日曜日には大阪に前日入りされた松原先生が会場の様子を見に来られるという嬉しいサプライズも。
約1時間ほどの短い時間ですが、居合わせたお客様たちは少しお話しできるチャンスもあり、皆驚くやら嬉しいやら
とっても盛り上がりました。

そして翌日の最終日におこなわれたトークショーの様子がこちら。
b0137477_14264557.jpeg

会場はお客様で埋め尽くされ…
b0137477_14270528.jpeg

b0137477_14272667.jpeg

いよいよトークショーが始まりました!

気になるお話の内容は…


②に続く。



[PR]
# by epicute | 2018-01-13 14:24 | サクラ大戦
b0137477_17513368.jpg

b0137477_17513390.jpg

b0137477_17513367.jpg

b0137477_17513469.jpg

b0137477_17513489.jpg

お楽しみのじゃんけん大会!!

整理券はとくに配らずその場にいる全員の方が参加可能な、運だけが必要なイベントです。

その場にいる全員と松原先生がじゃんけんをしていき、最後の勝者一人が、なんと直筆イラスト色紙をもらえるもいう大大大大大チャンス!!!!!

今年はなんと、
最後の三人であいこが続く白熱の展開。
皆固唾を飲んで見守る中、ついに勝者が決定!!




今回の勝者のリクエストは…エリカでした♪


15分後に贈呈式。その後は「皆に写真撮らせてあげてね」との先生の一言で色紙の撮影大会でイベントは幕を閉じたのでした。

じゃんけん大会、毎回「絶対やります!」という触れ込みはないのですが、
「大阪とか名古屋のが参加人数が少ないから、勝てる確率は高いかもね〜〜」と松原先生がつぶやいていたので、やる可能性大でございます!
皆様、大阪と名古屋でもぜひご参加くださいませ。
[PR]
# by epicute | 2017-12-25 17:51 | サクラ大戦
b0137477_17281333.jpg

b0137477_17281342.jpg

b0137477_17281439.jpg

b0137477_17281452.jpg

12/24。

今年も松原秀典先生のトークショウ&サイン会が開催されました!

「毎年クリスマスなんだけど…、
毎年言ってるけど、
君たちもクリスマスによくここにいるよね(笑)

松原です。よろしくお願いしまーす」


軽快な挨拶から始まったトークショウ。


ギュウギュウに押し込まれた約100人のお客様。初参加の方も多くやや緊張感が漂うエピキュート内です。

最初は松原先生が作画監督された「この世界に片隅に」(日本アカデミー賞受賞!)がなんと本場のアカデミー賞ノミネート候補にあがっている話や、
今年はその関係で海外へのイベントも多く招待されたこと。
今後の仕事の予定も当然あるけど大半は言えないとのことなど…


そして、話題は最新作へ!!


「帝都花組(仮)」「巴里花組(仮)」「紐育星組(仮)」とついている仮タイトルを見て、


「まさにですよ、僕が思ってた通りのタイトル…このままで良いんじゃないかなぁ?」

隊長を入れて描くにあたって帝都はメンバーが多いのでやはり大きく描いたこと。
3枚並べてまとまりがあるように、
並べたときにより魅力的に見えるよう描いたこと。
段々開催も難しくなるアートフェス、スタッフからの要望もあり、ぜひ、原点回帰として三都それぞれを!と話があったこと等々…

アニメーターという職業柄色々な絵柄を習得していくわけだけど、
半年や一年かけて自在に生み出せるようになったキャラクターやイラストが、終わってしまうときはいつもとても悲しいと思っていること。
だからずっと終わらなければ良いのにと思っていること。
(エヴァも制作が遅れているのは実は松原先生的には嬉しいそうです。終わらないから。)
サクラはアートフェスがあって、年に1度は描けるから幸せだよね。
版画だけでもすごい作品数だけど描きすぎて一つ一つはパッと思い出せない…
けど、生み出すのはいつもいつもいつも苦しいというか苦しくないものはないんだよ。


等々々……


アニメーターとしてはどんな仕事でもしたいと思っていて、良い作品を見ると、1話だけでも僕にやらせてくれないかなーと常に思っていること等。


さらりさらりと、貴重なお話が終わったあとは、サイン会へと移ります!!
ただでさえ狭い会場でギュウギュウ詰めなので、3分の1のお客様は一旦お外で待機していただきます…
[PR]
# by epicute | 2017-12-25 17:28 | サクラ大戦