秋葉原にあるアートコレクションハウスOfficial Gallery エピキュート スタッフの日々のつれづれ…


by epicute
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

そして

15時には外林 先生もご来場。
b0137477_21053030.jpg

お客様が先日ご購入された作品をお持ちになられたので
b0137477_21062384.jpg
箱書きをして下さっています。
ちなみにこの箱はお客様の自作。

先生の後ろのテレビに流れているのは先日伺った福井県は九代目・岩野市兵衛邸の様子。

詳しくは明日お話が聞けると思いますが、
b0137477_21090120.jpg
ツアーに行った面々は写真を見て盛り上がる 笑

外林 先生には明日13:30から、この時のお話と、越前和紙を用いてのパフォーマンスをしていただく予定です。

お楽しみに^_^


夕方は気温が下がってエピキュートも少し寒くなって来た頃、
M井担当のお客様が素敵な春の装いでご来場くださいました。
b0137477_21150133.jpg

b0137477_21152786.jpg
華やかな着物姿にスタッフもほんわか
b0137477_21161351.jpg
帯とバッグがお揃いなんですね〜!
おしゃれ!

なんだか嬉しくなりますね。

[PR]
# by epicute | 2017-02-18 21:03 | 外林 省二
「モノクロームの世界展」2日目
今日は松井里美先生の来場&切り絵 デモンストレーションを開催しました!

b0137477_18434790.jpg
エピキュートへのご来場は2度目!

デモンストレーション用にご準備いただいたお道具と、下絵
b0137477_18480648.jpg

まずは先生のご挨拶&新作4点を紹介していただき、


いよいよ…
b0137477_18505455.jpg
スタート!!
b0137477_18531616.jpg
カットしている手元の様子がよく見えるよう、急遽モニターもセッティング。

黙々と切り進める先生。
お客様たちも静かに見守ります。。

1日長い時には6時間休憩なしで切り続ける時もあるそうですが
「気持ちが乗らない時には作品にも気がこもらないのでそう言う時は切りません」
とのこと

先生が切る紙はケント紙なので固めで力も必要です。
大きい作品は切るのに2〜3ヶ月。
カッターの刃も30本近く換えるそうですよ。
b0137477_19421716.jpg

およそ30分かけて…
b0137477_19354415.jpg

このように
b0137477_19443759.jpg
最後に先生の落款が入って、完成しました!!
イメージは「宇宙」

「切り絵作家さんの中には下絵なしでいきなり切り始める方もいますが、私は下絵をしっかり描きたいタイプ」とのことで、切る作業より下絵にかける時間のほうがはるかに長いんだとか。

1つ1つ時間をかけて行われる作品制作の一端を見せていただける貴重な機会となりました。

松井先生は明日も15時よりご来場下さいます。
b0137477_19542053.jpg










[PR]
# by epicute | 2017-02-18 18:31 | 松井里美

宇都宮にもいます。

今週、宇都宮でも Spring Art Fair

やっております。

こちらも久しぶりの宇都宮会場。
エピキュートの若手部隊とまゆみ隊長+◯◯(日替わり隊員1名)
お待ちしております!

b0137477_22204124.jpg

b0137477_22210931.jpg

東京遠いよ…
とずっと思っていらっしゃったお客様、
お待たせしました!
地元にお邪魔しておりますよ!

ぜひ ^_^




[PR]
# by epicute | 2017-02-17 22:16
今回は切り絵、ペン画、墨象画 と
全く違った方法で作品を制作される3作家の作品があつまっています。

一部ご紹介しますね。
ご来場予定の松井里美先生の新作「虹」
b0137477_13513581.jpg

通常切り絵というと黒い紙を切るのが一般的ですが、白い紙をきっているのが松井作品の特徴です。
b0137477_13534628.jpg
「白というのは光を意味すると思っていて、最初から黒い紙を切る発想はなかった」そうです。
詩作もされる松井先生。
独特の世界観と曲線の美しさ
切り絵ならではの立体感は必見です。


つづいて 工藤沙由美先生の新作。
工藤先生の作品は自由なイメージで見て欲しいとの思いからすべての作品が「untitle」となっていますが、
こちらは山羊座をイメージして描かれたんだとか
b0137477_13583127.jpg

b0137477_14013864.jpg


こ…細かい!

b0137477_14020657.jpg
とにかく繊細な線で細密に描き込まれた作品は
華やかで ゴージャスで… どこか妖しい魅力に引き込まれてしまいます(O_O)


そして前記事でもご紹介した外林先生の越前和紙作品 「懸乱龍(かがりみだれりゅう)」

b0137477_14052664.jpg
国指定重要無形文化財(俗に言う人間国宝)である九代目 岩野市兵衛氏の漉いた越前生漉奉書を使用して書かれました。

b0137477_14134314.jpg
水分の吸収がとても早く、墨で書かれた濃淡の微妙な線が美しく出ます

b0137477_14151247.jpg
紙には岩野氏の落款も。。。

こちらはモノクロームではないですが
同じ紙を用い、色墨で書かれた五龍
b0137477_14184342.jpg

b0137477_14190286.jpg

いずれもこの質感を画像だけで語るのは難しい…
ぜひ生で見ていただきたいです!


明日は
松井里美先生が13:00来場
13:30から切り絵のデモンストレーションをして下さいます。
私達スタッフも初めてなのでドキドキ わくわく

外林 省二先生も15:00から来場となっております。







[PR]
# by epicute | 2017-02-17 13:40
本日より始まりました

エピキュートの「モノクロームの世界展」!
松井里美、工藤沙由美両先生の新作原画作品が多数出展されています。

b0137477_13160321.jpg

そして外林省二先生の越前和紙作品も
b0137477_13172226.jpg
「すべての色は光と闇、白と黒の混合に生まれる」ーアリストテレス

「色は明と暗の境界に生じる」ー ゲーテ

また、陰陽=古代中国思想では万物万象を陰陽ニ気の対とみる。したがってこの陰と陽は暗と明であるとともに黒と白である。
また無と有であり、物と事でもある。

ということで、白と黒の織り成す世界の中に光と陰、そして無数の色を感じさせてくれるモノクローム作品の世界にぜひ浸りに来てくださいね!

そしてこの「モノクロームの世界展」
超絶技巧派の競演でもあるという…




つづく








[PR]
# by epicute | 2017-02-17 13:09