秋葉原にあるアートコレクションハウスOfficial Gallery エピキュート スタッフの日々のつれづれ…


by epicute
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

オープンしてるの??

b0137477_23164516.jpg

b0137477_231645100.jpg

先ほど通りかかったら…

確実にガンダムの足が中に見えました。


今朝『スッキリ!』で「コンセプトレストラン・居酒屋」の話題が出ていましたが、
こちらもかなり楽しそうですね…
[PR]
by epicute | 2010-04-26 23:16

やってきました蔵みーる

b0137477_191874.jpg

b0137477_191871.jpg

b0137477_1918781.jpg

b0137477_1918757.jpg

どこをとっても絵になります。



松本城からほど近い、中町通りは蔵の町。

今年はこちら、蔵みーるにて…

なんとSHU先生が来場!!


松本は…朝晩の冷え込みが非常に厳しく……
重ね着三昧です。


カムバック・ヒートテック、


いつも心にトム・エバハート☆彡

(この意味が知りたい人は、会場にてMAYOU姉さんをつかまえるんだ!)



桜がまだ見れるのは、嬉しい限りですね♪
[PR]
by epicute | 2010-04-23 19:18

毎日通る場所

b0137477_21174579.jpg

秋葉原駅電気街口のロータリー(タクシー乗り場?)、
まさにホームの真下に位置する場所。
確か少し前まで電器屋だったその場所に



見馴れた雰囲気のものが!!


『ガンダムカフェ』と。



GWのアキバは熱そうですよ…
[PR]
by epicute | 2010-04-22 21:17
こちら。
b0137477_21163219.jpg

我らが小林チーフの肩のレントゲン写真(現状)です。

まさに超プライベートショット。
ボルトが4つ入っているのがわかりますか??
そう、小林チーフは2012年にやってくるという地球滅亡の危機から人類を救うべく、自ら進んでサイボーグになる手術をうけたのです。
上半身からサイボーグ化していくとのことで、現段階では肩~腕にかけての改造が終了といったところなのですが、そのうち下半身、そしてゆくゆくは精神も…
2012年に私たちが知っている小林チーフはもういない……とかいうわけではないのです。




真相としては。


この一年半ほどの間に、救急車で運ばれること…3回ほど?
あるときは自宅のお風呂場、
あるときは名古屋で車庫入れ中…

昔の古傷?がもとで脱臼癖がついてしまった小林チーフの肩は、
きちんと治すにはどうしても手術・リハビリが必要とのこと。


以前からそのことは言われていたのですが……



ついに!!!!!



b0137477_21163266.jpg

手術無事終了&退院おめでと〜〜〜〜〜〜〜
ギプスすげー!


この状態で三週間固定して、リハビリもたっぷりと必要なんだそうですが、
とりあえず第一関門突破!!
といったところです。


通称【ガラスの肩】卒業なるか?!
[PR]
by epicute | 2010-04-17 21:16

桜絵画展

b0137477_2050226.jpg

b0137477_2050217.jpg

この寒さのおかげで、
まだ少ぉし桜が咲き残っていますね!

先週に引き続き、今週もテーマは「春・桜」
岡田尚子先生に特別作品を発表していただきました!

タイトルは「春はこび」。

斬新な構図ながら、
特有の日本的な雰囲気と、
岡田先生の世界観、空気感が本当に出ている
とっても素敵な作品です。

HPでご覧になられたお客様もいらっしゃることと思いますが、

特別作品というかたちで出ておりますので、限定枚数も非常に少なく、
まさに桜のように…
目にすることができるのはこの一週だけになりそうです。


まだ明日が残っています。
暖かくなるとのことですので、今日を逃した方はぜひ、
エピキュートに作品を見に来てくださいね。
[PR]
by epicute | 2010-04-17 20:50
土日に行われた様子を。
b0137477_084091.jpg

b0137477_084015.jpg



和紙に椿と金魚を描いていく先生。

表と裏、両方から描きこんでいって風合いを出すのだとか。

しかし下書きを修正するのに練りけしを使用する際、
少し力が入り「こする」だけでも紙がよれてしまう。そうすると、
せっかく裏から描いたものが必要以上に表に滲み、
風合いが今一つ…

そんな繊細な作業を息も潜めて見守るお客様がた。

すると先生は、
「話しかけてもいいんですよ〜」

「椿の色、この赤とこの赤、どっちがいい?」

とリクエスト式に進めてくださる場面も。

そこで
「どっちも!まだら〜」
と言ったのは佐藤先生(笑)

「他人事だと思って!」と笑いながら佐藤先生のリクエストに応える形で描き進めていきます。
b0137477_084046.jpg

b0137477_084089.jpg



一日目は鉛筆の下書きから。
二日目はなんと、
「失敗した」という絵をご持参されて、
加筆していって違う風合いの絵に生まれ変わらせる!
といった技を見せていただきました。


アクリル絵の具と日本画絵の具の質感の違いや、
モチーフのヒント、
いろいろなお話を交えながらライブペインティングを見せていただきました!

永田先生ありがとうございます!!



b0137477_084054.jpg

二日目(部分)を、光をやや後ろから当てながら撮影した画像です。
わかりにくいですけど、ぼんぼりのようで幻想的でした。
椿の葉の影?が、紙の後ろから描いている部分ですよ。
[PR]
by epicute | 2010-04-12 00:08
新潟は写真が一枚もなく、更新を断念…(涙)


日曜日の朝、
内尾先生が日本酒と、それに合うように作られた烏賊の沖漬けのことを語っていたときは、
それはそれはとろけるような笑顔だったということだけ、記しておきましょう…。

8時間近くの時間をかけて新潟まで来てくださったご褒美だと(^O^)
初新潟、ファンの方には至福の時間をありがとうございました!!



さて今週のエピキュートは、
『春~桜の絵画展』第一週目。

佐藤忠雄先生、永田信行先生に季節、特に春をテーマにした新作を発表していただいた原画展を開催!!
b0137477_23244386.jpg

b0137477_23244324.jpg

b0137477_23244357.jpg


佐藤先生の木彩画、滝の削り出しの絵や、
永田先生の和紙に日本画画材をミックスさせた金魚新作そして
「絵は背景の風合いにその人の人生が出る」
といいことを意識して描いたという鳥を描いた作品…

画材やその使い方、表現の仕方を伺うだけでも
非常に面白く、味わい深い作品がたくさん。

土日には両先生来場、
そして永田先生のライブペインティングもあり大盛況でした!
[PR]
by epicute | 2010-04-11 23:24

トンネルを抜けると、

b0137477_9381333.jpg

b0137477_93813100.jpg

本当に雪国だった…。



桜のさの字もありゃしない。

新潟突入です。
[PR]
by epicute | 2010-04-02 09:38