秋葉原にあるアートコレクションハウスOfficial Gallery エピキュート スタッフの日々のつれづれ…


by epicute
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今夜は Blue Moon

ひと月のあいだに2回満月があることがありますが、その二度目の満月のことを【ブルームーン】と呼び、見ると幸せになれると言われているそうな…。

そして、今夜の満月はその【ブルームーン】なのです!


3年〜5年の周期でやってくるブルームーンですが、
今年は当たり年で、
実は1月にもブルームーンがあったとか。


…って、Yahoo!ケータイのウェザーニュースで初めて知りました。


東京の空はまだ曇っていますが、今夜月を見ることができるのでしょうか?
見れたらラッキー♪幸せになれるらしいです!






やはり全国の島津冴子さんファンの方はブルームーンの日は心踊るのでしょうか。
先ほど気になって、ファンクラブの方にメールしてしまいました

[PR]
by epicute | 2010-03-30 18:50
b0137477_22475637.jpg

b0137477_22475668.jpg

今週のエピキュートは、『KAGAYA写真展』開催!

今までに出た名作版画と、先生が撮りためた写真とを、なんと同時に見ることができるという非常にレアな企画♪♪

その写真も、鮮明ながら幻想世界…
どうしてこんな世界を写せるのか、人に伝えられるのかと、ため息ものです。


ところで、
エピキュート内では「どれが写真で、どれが絵ですか??」
という質問続発。

スタッフ一同「えぇ?わからない??」
とびっくり…最初は。


でも実はその質問も納得で。

私たちはKAGAYA先生が版画でリリースした作品を全て知っていますが、
もちろんお客様の中には展示会も久しぶりで、全ての作品を網羅しているわけではない方もたくさんいらっしゃる。

そして実は、
ほとんど全ての写真は撮影したそのままではなく、デジタル処理されています。
そのままには移りきらない、KAGAYA先生がいちばん感動して「目に焼きついた瞬間の色」を再現しているのです。
(まさに『感動コレクション』!)

絵の世界観に通じる感覚や色が、やはり写真にも見てとれるわけです。

そして出力はなんと、版画を作るのと全く同じ機械、インクを使っているのです。

紙にもこだわりジークレーのクオリティをもっている…一瞬間違えてしまう気持ちもわかります!



トークショーは終始フレンドリーで和やかな空気の中進んでいきました!

写真を撮ることに対する思い入れやエピソード、もちろん今手掛けているお仕事や今後の活動予定なども。


「流星群は毎年決まって、試験の前の日にくるんですよね…寝ないで試験を受けてました」

なんていう学生時代のお話も。

あえて専門的な知識がなくても皆さまにわかるようお話していただいたのですが、
最後の質問コーナーではお客様のほうから

「使用しているカメラの種類は?」

「レンズはいくつ持ち歩くのですか」
等々…

ご興味ある方や昔撮ってた方、今も趣味な方々がとっても多くてびっくりしたのでした。

作家さんと共通の趣味についてお話できるなんて、そうそうある機会じゃ〜ありません!

質問コーナー含むトークショーは実に1時間弱続き、皆さま至福の時を過ごせたのでした!!

KAGAYA先生、たくさんのお話、本当にありがとうございました♪♪
[PR]
by epicute | 2010-03-29 22:47

「こちらのほうが?」

先週は、貴希先生にご来場いただきました〜!


せっかくなのになのになのに…。
くやしい、終始バタバタしていたため写真がありません…(T_T)


前回ご来場いただいたときは『突撃!貴希先生探り隊』なテーマに基づいた一問一答形式のトークショーを展開。
好みの男性のタイプにまで質問の及ぶ中、
全てマイクを通して語っていただきました。

ので、
今回はなるべく一件一件のお客様と対面でお話をしていただく形。


関東に越してきてから来場展は逃したことがないという貴希先生の大ファンの通称Yっしー。

先生と対面するのも三度目。しかし、過去二度とも緊張し過ぎて言葉が交わせなかったらしい…

三度目の正直だ、がんばれYっしー!
ぜひ自分から何か質問を…


……




………、





…………、







Yっしーーーーー!!


言葉を!
思いのたけを!!



しかししばらくたっても…

う〜ん、まだまだ道は険しそう。



そんなYっしーの様子をじっと見て、貴希先生。
おもむろにキーボードを叩く仕草をしながら

「あの、こちらのほうが?」
チャット??

先生、優しい…
そしておもろい…


緊張でガチガチのお客様への、場を読んだしかもちょっとアキバっぽいフォローに感嘆…ありがとうございます!!!



結局、
「考えてる時間が長いのでチャットもついていけなさそうです…」と、Yっしー。

今度は紙に書いてくるのも、いいかもしれないね…。


皆さま、いつどこで作家さんと直接お話しできる機会があるかわかりません。
でもエピキュートではかなりの確率でそういうことがあると思います。
貴重で素敵なお時間、後で後悔しないためにも普段からの聞いてみたいこと興味のあることは控えておいたほうがよいかもデスよ。
[PR]
by epicute | 2010-03-27 21:56

これな〜んだ?

b0137477_2359262.jpg











正解は!!



「海辺の丘に佇む美しい女性」。


足元にはお花畑、
つばの広い麦わら帽子をかぶり、
白いワンピースが風になびいいてる……
女性は後ろ姿なので顔は見えないが、美しい人に違いない…


b0137477_23592612.jpg

の、図です。



滅多に見れない我らがたまにゃん画伯作品の、こちらはほんの一例で。

滅多に感情の波を表すことのないお客様を
快心の笑みにもちこむほどの力を持っています。

私も
「このお客様のこんな姿、初めて見た…」
ということがしばしば。







私は、
感情を揺り動かされる破壊力を持つものっていうのは、
個人的には芸術作品だと思うな!
そんなわけでのえぴぶろぐ掲載です。

尚、エピキュートで本人にねだっても見れませんのであしからず。

M井もわざわざゴミ箱から探り当てて撮影したのですから…
[PR]
by epicute | 2010-03-22 23:59

イルカを食べた後日談

イルカを食べた日の翌日、
エピキュートを訪れた常連様(通称・お父さん)に聞かれた一言。


「へぇイルカねえ、クジラと似てんの?どっちが美味かった??」



はた、と。

クジラ、ってどんな味?!
食べたこと、ないかもしれない……

まだまだ人生の経験不足を痛感。
もうすぐ、春ですね。
[PR]
by epicute | 2010-03-20 09:21
その名も、『だてたん』



説明しよう。

『だてたん』とは、
仙台会場にてのりりんチーフが中心になり「ぼやっと考えた」ゆるキャラを
我らがSHU先生がカタチにしたものである!!



「だてたんの【たん】は【牛タン】からきてるんですよ…ほっぺには麦飯のつぶをつけてる気がする〜」

「私の想像の中では片手に茶碗、そうだな刀も持っていて」

「やっぱ仙台ってことで独眼竜ですかね〜〜」



なんとゆう好き勝手発言。

しかし、そんなスタッフの戯言は意外にもしっかり先生の心に刻まれていたのだった!


福島会場、
日曜日のお昼過ぎ。
あいた時間になんとおもむろに受付に座ったSHU先生。


ちょ、先生〜?!
そんなところで何をっっ??!


「僕は『だてたん』を描かなくては」




今なんと。



聞き間違いではなかったようで。

空の芳名用紙を裏返して、ペンを走らせること15秒。

あっという間に『だてたん・プロトタイプ』完成!

プロトタイプ完成から20秒で、今度はスタッフの戯れ言を全部汲んでいただいた
『だてたんVOL.2』が完成!!


なんと貴重な瞬間(笑)

今回の記事ではいつもえぴぶろぐを見てくださってる皆さまに特別に
その『だてたん』を特別公開!!


しかし「プロトタイプは人前に出せるものではないですね…」とのSHU先生のお言葉があるので、VOL.2を。




これが『だてたん』bySHUだーーーーー!!!!!
b0137477_2341447.jpg
ゆるっ

裏紙だし…
[PR]
by epicute | 2010-03-19 23:41

特別展示!!

b0137477_2161067.jpg

1995年のナイトウ先生の名作、
「ドルフィン・スウィング」。

両脇に飾られているのはなんと、
雛形となったスケッチ画。

作家さんの手元にしかないスケッチ画は、色鉛筆で色がつけられていて
なんとイルカではなくザトウクジラが描かれているバージョンのものも!

紙には折り目や走り書きなどが見られ、
歴史を感じられます…



実はこの飾り方、
先生が先日の文藝春秋画廊での個展でしようと考えていたらしいのですが、
「ドルフィン・スウィング」がかなり大きい作品で、新作がたくさんあったこともあり、断念…


それを、エピキュートでやっちゃいます♪

そして個展で出ていた新作原画の一部を特別公開&販売!

明日からの四日間、
2月の個展を見逃した方はチャンスです!!


ぜひエピキュートにご来場くださいませ♪
[PR]
by epicute | 2010-03-18 21:06

イルカを食べた。

何かと話題のイルカを食べた。

「静岡ではスーパーに売ってるし、取り立ててなんとかいうようなもんじゃないしねぇ」

と、せりせりチーフ。

M井も昔静岡のはずれ、三島に住んでましたが確かに「いるか」と書いた肉、売ってました。普通に


どれどれ試しにと、せりせりチーフが持ってきてくれた「イルカの醤油干し」を皆でいただいてみたところ、



うん、美味しい(笑)

柔らかいビーフジャーキーのようなかんじですかね(^.^)b
[PR]
by epicute | 2010-03-18 20:21
「『シュレディンガーの猫』は、知っていますか?」


SHU先生から発せられた一言。

そのまま量子力学的な考え方の触りをご教授いただき、
私たちが


「世の中に『有り得ない』なんてことは、有り得ないんだな〜」


漠然とそう感じた福島の夜。




お店のメニューをふと見ると、

【ロシアンたこ焼き】

の文字が。


東北地方の儀式ということで、

いっときますか!!

b0137477_20202567.jpg

こちら。


もちろんSHU先生含め全員で挑戦しました。でも………


甘い…

甘すぎる。



ワサビの量が!!


そして熱を加えることによって刺激が中和されてしまっている…

盛り上がるため、限界に挑戦するために注文したのにむしろ盛り下がってしまうくらいのやるせなさ。


やっぱり盛岡はすごかった…(えぴぶろぐ12月を参照)。

もしこの先盛岡でSHU先生とご一緒できることがあれば!!
必ずや【ロシアンルーレット寿司】を体験すると固くお約束したのでした。
[PR]
by epicute | 2010-03-18 20:20

ゆるい。

b0137477_23203730.jpg

ゆるい…


「戦国ゆるキャラ大集合」です。
メインアリーナだけどなく、楽市楽座ステージでも時間ごとにいろいろなショーが行われていたのですが、(声優さんや大学教授…千葉真一さんが出てきたときに頬を赤く染めたのはyukieマネージャーです)

その内のひとつ。

「ひこにゃんにしまさこにゃん、いしだみつにゃんおおたににゃんぶ……」
アナウンスもまいるぐらいのにゃんにゃん攻め(笑)。

あっという間にゆるキャラたちがステージを埋めつくし、皆の声援に応えます。
どれが何にゃんなのか。

心なしか、応えかたまでゆるいわ…

手を振り返してもらうと、ほわわわ〜んと癒されます。



……かわいい(笑)
[PR]
by epicute | 2010-03-08 23:20