秋葉原にあるアートコレクションハウスOfficial Gallery エピキュート スタッフの日々のつれづれ…


by epicute
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イオンモール浜松志都呂

今週は静岡県浜松市にあるイオンモール志都呂と東京足立区のアリオ西新井に分かれて展示会をやっています。

浜松は昨日からスタート。
メンバー3人 (Bマネージャー、黒ゆき姫、せり)浜松に来てまして、 大阪エクリュの皆さんやトム・エバハート展チームと一緒にやってます。
他のみんなは今日から始まる西新井に。

浜松はイオンモール志都呂の2Fイオンホールにて日曜日まで開催
b0137477_06242551.jpg

土日は外林 先生が来場されます!

b0137477_06262089.jpg

お近くのお客様はぜひ遊びに来て下さいね101.png



[PR]
# by epicute | 2017-04-21 06:19
どうですかこのスケール!
b0137477_21241313.jpg

b0137477_21243363.jpg
みんな写真撮影中。

b0137477_21232263.jpg
*イヴァンチツェの兄弟団学校

b0137477_21251781.jpg
*聖アトス山

b0137477_21254193.jpg
*スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い(未完成)

b0137477_21260762.jpg
*ロシアの農奴制廃止

b0137477_21262927.jpg
*スラヴ民族の賛歌

ミュシャの祖国への想いや平和への願いが溢れる作品の数々はリトグラフ作品とはまた違った
情熱を感じるものでした。


ちなみにこの大作をどうやって輸送するのかにもちょっと興味がありましたが、キャンバスはこんな感じに
b0137477_21274707.jpg
固定されており、なるほどー!と思ったり…しました 笑


ただ、これから行かれる方に1つアドバイスを。。

おそらく作品が大きいためスペースの問題だとは思うのですが、(会場マップの紙にも注意書がありました。)
壁で仕切られている2部屋目から 結構作品の並び順が順不同

↓こんな感じ
b0137477_21342842.jpg

なので順番に見ようとすると右往左往することになります。
入口にある会場マップは必須です!
それでも番号に翻弄されてみんなウロウロしてました。
かく言う私も。

しかも 音声ガイドを聞いている人も多かったり、撮影可能コーナーでは皆写真撮るのに一生懸命だったりするので 結構人とぶつかりそうなります(*_*)

そこだけはある程度覚悟して行った方がいいかも…。
平日でこれだと土日果たして身動き取れるのかしら…と思ったのでした。

ミュージアムショップではグッズを色々置いていましたが、今回のオリジナルグッズはそんなに多くなかったので、とりあえず図録をGET。

『スラヴ叙事詩』を理解するには歴史的背景をある程度予備知識として持っている必要がありますが、なかなかこれが難しく…改めて図録の解説をゆっくり読んでみたいと思います102.png


写真でお見せできるのは一部ですが、6/5までの開催なので、ぜひ


せり





[PR]
# by epicute | 2017-04-19 21:20
今日はお休みだったので、
国立新美術館にて開催中のミュシャ展を見に行って来ました。

3月はバタバタしていたのもあり、
混んでるよね…というのもあり、断念したのですが 会期が長いと油断してしまうもので
そろそろ行っとかないとすぐにGWもやって来て 忙しくなったら行き損ねてしまう!
てことで 行って参りました。

もう行って来たよー!
という方も多いとは思いますが、これから行こうかなと思ってる方は参考にしていただければ…

て ことで つらつらと個人的なレポを 101.png
して行きたいと思います。

b0137477_20433290.jpg
多少道に迷いながら到着!
平日の16時前という中途半端な時間ながら、結構人がいました
b0137477_20460289.jpg
チケット売り場の列。

b0137477_20500785.jpg
ミュシャ展は2Fで、1Fでは草間彌生展を開催中。こっちもなかなか混んでいる。
ちなみに外の立木も草間彌生風にかざりつけされていました
b0137477_20513136.jpg

ミュシャ展入り口は2Fの一番奥
b0137477_20532932.jpg

入口を入ると ミュシャの経歴が紹介してあって、すぐにスラヴ叙事詩のコーナーに。

ミュシャが晩年の約16年間を捧げた超大作『スラヴ叙事詩』
チェコ国外での公開は始めてとのことで、紛れもなく今回の展示会の目玉!!…というか実際会場の8割はスラヴ叙事詩のためのスペース。

確かに大きい!
でもそれ以上にミュシャらしい色使いと、陰影の妙 圧倒されます。
作品が本当に光溢れて見えるんですよ。
明暗の付け方、それによって生まれる遠近感天才的!

インターネットで多少下調べして行ったにもかかわらず、そもそも眼鏡すら忘れてしまったワタクシですが137.png
口コミでオペラグラスを持って行くといいよ!って書いてる人がいたんですよね。
行ってみて確かにー!と思いました。

作品がとにかくめちゃくちゃ大きいので、全体を眺めるにはむしろ距離がいるのですが、質感やタッチなど細部まで良く見たい!と思ったら確かに必要です。

そして今回驚いたことに一部作品は写真撮影可能になっていました!

海外の美術館だとフラッシュ焚かなければOKというのは割とありますが、日本の展示では珍しいかも。


ということで
とって参りました106.png


実はこれも前情報を得て、眼鏡は忘れたけどカメラはしっかり用意して行ったのです!


→②につづく








[PR]
# by epicute | 2017-04-19 20:36
そうです。

タイトルにもある通り、この度 ジョウ・ナイトウ先生の新作版画が発表になりましたー‼︎

しかもファン待望のオオカミシリーズ!

b0137477_01355095.jpg
ウルフカントリー〜ホワイトウルフ〜

b0137477_01361550.jpg

ウルフカントリー〜ブラックウルフ〜

対照的な雰囲気を持つ2作品がなんと同時発表となります!

エピキュートでのお披露目はゴールデンウィークとなりますが、今週末のアリオ西新井・イオンモール浜松志都呂、来週の名古屋国際センターでも先行公開致します。
飾りやすいサイズで20ED限定となっています。

お近くのお客様はぜひ見に来てくださいね!


そして先日は ナイトウ先生のアトリエにお邪魔して来ました。
b0137477_01570208.jpg

b0137477_01575058.jpg

秋口の個展に向け、製作中のナイトウ先生

ゴールデンウィークの5/4はエピキュートにご来場いただく予定ですので、色々お話聞けそうですね!



さらに 余談ですが。
えぴぶろぐ10周年を迎えたのを機に、Twitterを開始してみました101.png

と、いいますか、この10年の間にこのブログ自体に色々な機能が付加されてましていつの間にかSNS連携機能が付いていたので、活用してみようかなと。
使い方がイマイチなのですけど105.png

主にはこちらのブログの更新情報など、実験的にやってみようと思っています。 @gallery_epicute


宜しくお願い致します110.png






[PR]
# by epicute | 2017-04-18 22:59
内尾和正の世界展in名古屋
横浜に続き、大盛況にて本日無事終了致しました。
たくさんのお客様にご来場いただき、スタッフ一同とても嬉しく思っております。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。


こちらは会場の様子
b0137477_00160210.jpg

b0137477_00163531.jpg

b0137477_00165827.jpg
横浜会場よりは少しスペースは小さかったのですが、中には横浜では出展しなかった作品や資料展示も

b0137477_00173337.jpg


b0137477_00180491.jpg

b0137477_00342763.jpg

そしてお客様とお話しする内尾先生の後ろ姿をパシャり
b0137477_00191297.jpg

この土日も先生は引っ張りだこ 笑

遠方から来て下さったお客様も多く、また、会場1Fの看板を見てのご来場も思いのほか多く、それはそれは盛り上がりを見せた2日間となりました。

先生の作品に初めて触れるお客様が多かったものの、みなさん内尾ワールドを楽しんでいただけたようです。

大型作品は今回のようなイベントのみとなりますが、先生の作品は各地の展示会場でも出展していますので、今後もぜひチェックしてみて下さいね!


会場では動く絵物語『綺譚しるべ』の序章
映像を今回も流させていただきました。

ファン待望の第1章は 予定よりだいぶお時間がかかっているとのことですが、「年内には絶対出すよ!」とのことなので、こちらも楽しみにしていましょうね。

[PR]
# by epicute | 2017-04-16 21:45 | 内尾和正