秋葉原にあるアートコレクションハウスOfficial Gallery エピキュート スタッフの日々のつれづれ…


by epicute
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2017年 04月 19日 ( 2 )

どうですかこのスケール!
b0137477_21241313.jpg

b0137477_21243363.jpg
みんな写真撮影中。

b0137477_21232263.jpg
*イヴァンチツェの兄弟団学校

b0137477_21251781.jpg
*聖アトス山

b0137477_21254193.jpg
*スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い(未完成)

b0137477_21260762.jpg
*ロシアの農奴制廃止

b0137477_21262927.jpg
*スラヴ民族の賛歌

ミュシャの祖国への想いや平和への願いが溢れる作品の数々はリトグラフ作品とはまた違った
情熱を感じるものでした。


ちなみにこの大作をどうやって輸送するのかにもちょっと興味がありましたが、キャンバスはこんな感じに
b0137477_21274707.jpg
固定されており、なるほどー!と思ったり…しました 笑


ただ、これから行かれる方に1つアドバイスを。。

おそらく作品が大きいためスペースの問題だとは思うのですが、(会場マップの紙にも注意書がありました。)
壁で仕切られている2部屋目から 結構作品の並び順が順不同

↓こんな感じ
b0137477_21342842.jpg

なので順番に見ようとすると右往左往することになります。
入口にある会場マップは必須です!
それでも番号に翻弄されてみんなウロウロしてました。
かく言う私も。

しかも 音声ガイドを聞いている人も多かったり、撮影可能コーナーでは皆写真撮るのに一生懸命だったりするので 結構人とぶつかりそうなります(*_*)

そこだけはある程度覚悟して行った方がいいかも…。
平日でこれだと土日果たして身動き取れるのかしら…と思ったのでした。

ミュージアムショップではグッズを色々置いていましたが、今回のオリジナルグッズはそんなに多くなかったので、とりあえず図録をGET。

『スラヴ叙事詩』を理解するには歴史的背景をある程度予備知識として持っている必要がありますが、なかなかこれが難しく…改めて図録の解説をゆっくり読んでみたいと思います102.png


写真でお見せできるのは一部ですが、6/5までの開催なので、ぜひ


せり





[PR]
by epicute | 2017-04-19 21:20
今日はお休みだったので、
国立新美術館にて開催中のミュシャ展を見に行って来ました。

3月はバタバタしていたのもあり、
混んでるよね…というのもあり、断念したのですが 会期が長いと油断してしまうもので
そろそろ行っとかないとすぐにGWもやって来て 忙しくなったら行き損ねてしまう!
てことで 行って参りました。

もう行って来たよー!
という方も多いとは思いますが、これから行こうかなと思ってる方は参考にしていただければ…

て ことで つらつらと個人的なレポを 101.png
して行きたいと思います。

b0137477_20433290.jpg
多少道に迷いながら到着!
平日の16時前という中途半端な時間ながら、結構人がいました
b0137477_20460289.jpg
チケット売り場の列。

b0137477_20500785.jpg
ミュシャ展は2Fで、1Fでは草間彌生展を開催中。こっちもなかなか混んでいる。
ちなみに外の立木も草間彌生風にかざりつけされていました
b0137477_20513136.jpg

ミュシャ展入り口は2Fの一番奥
b0137477_20532932.jpg

入口を入ると ミュシャの経歴が紹介してあって、すぐにスラヴ叙事詩のコーナーに。

ミュシャが晩年の約16年間を捧げた超大作『スラヴ叙事詩』
チェコ国外での公開は始めてとのことで、紛れもなく今回の展示会の目玉!!…というか実際会場の8割はスラヴ叙事詩のためのスペース。

確かに大きい!
でもそれ以上にミュシャらしい色使いと、陰影の妙 圧倒されます。
作品が本当に光溢れて見えるんですよ。
明暗の付け方、それによって生まれる遠近感天才的!

インターネットで多少下調べして行ったにもかかわらず、そもそも眼鏡すら忘れてしまったワタクシですが137.png
口コミでオペラグラスを持って行くといいよ!って書いてる人がいたんですよね。
行ってみて確かにー!と思いました。

作品がとにかくめちゃくちゃ大きいので、全体を眺めるにはむしろ距離がいるのですが、質感やタッチなど細部まで良く見たい!と思ったら確かに必要です。

そして今回驚いたことに一部作品は写真撮影可能になっていました!

海外の美術館だとフラッシュ焚かなければOKというのは割とありますが、日本の展示では珍しいかも。


ということで
とって参りました106.png


実はこれも前情報を得て、眼鏡は忘れたけどカメラはしっかり用意して行ったのです!


→②につづく








[PR]
by epicute | 2017-04-19 20:36